近年、宅配水を使う人がかなり増えています!!

今となっては、ウォーターサーバーの無い生活には戻れません。

今からちょうど5年前から宅配水を利用しています。
宅配水を利用する目的はご飯を炊くための水に使うこととお酒を美味しく飲むためです。

元々ミネラルウォーターを飲む習慣があり重いペットボトルを抱えて持ち帰って来るというのが日常の光景でした。
ウォーターサーバーを設置した事でレジで並んで重い思いをしながらといったデメリットが無くなったのでした。
玄関先までボトルを運んでくれるのは大変助かるのです。

ウォーターサーバーは思ったよりも小さく場所を選ばないのもメリットの一つですし、いざという時の水の確保といった視点でも安心感が違います。
コストは確かにスーパーのペットボトルと比較すると高くつきますがこれらのメリットが大きすぎるためやむを得ない出費と割り切りました。

ただし、サーバーの業者は複数あるため価格も含め自分のライフスタイルに一番あった所から導入したのです。
ネットの口コミや比較サイトにより綿密に調査したため満足の行く選定ができました。

ウォーターサーバーは使ってみないと分からない便利さがあります。
そもそも以前は宅配水を利用することなんて全く考えていませんでした。
水道水やペットボトルのお水で充分だと思っていました。
ある日突然、訪問セールスがやって来て、お試しに水もサーバーも無料で使わせてくれるとのこと。
そんなことを言って、結局無理矢理継続利用させられるのでは?とかなり警戒したけれど、悩んだ結果、必要なかった場合は絶対にすぐ持ち帰ることを約束をしてもらい、使ってみることにしました。

すると、なんと便利なことか。
熱いお湯と冷たい水がすぐに出るということがこんなに便利で快適だとは思ってもいませんでした。
いちいちお湯を沸かさなくていい。ペットボトルの水を買って来なくていい。冷蔵庫も圧迫しない。お茶やコーヒーを気軽に飲める。来客にもすぐ対応できる。カップラーメンもすぐ作れる。子供も気軽に水を飲むようになり、健康にもよい。災害時のための備蓄になる。などなど・・・

本当に使ってみなければわからないもので、お試しの2週間が終わる頃には、もう無しの生活が考えられなくなっていた。
利用を初めて5年目ですが、今のところ、解約を考えたことは一度もありません。
むしろ、今後も利用していくつもりでいます。

近年は水道水ではなく、ミネラルウォーターや宅配水を利用する方が多くなってきたと思います。
「日本は水と安全はタダだと思っている」と外国人から批評されたのは昔の話、今では何処の家庭でも飲料用水にお金を使うのは当たり前のことになりました。

昔から日本の水道水はそのまま飲めるほど安全でしたし、その後も浄水技術が進歩して更に良質になっているのですが、社会が豊かになったことで人々の健康意識が高まったり、グルメ志向になったことが影響してか飲み水にも水道水よりもっと安全で美味しい物を求めるようになったのではないでしょうか。

コンビニやスーパーではペットボトル入りの水は定番商品ですし、専用のボトルを買えば水が無料になるサービスもずいぶんと普及しています。
近年では自宅に水を届けてくれる宅配水が人気で、テレビでも幾つもの会社がCMをうって宣伝しているので見たことがある人も多いでしょう。

宅配水は無料でレンタルできるサーバーに水の入ったボトルをセットして使うようになっていて冷水だけでなくボタン操作一つでお湯も利用できます。
何より便利なのは水を運ばずに済むことです。標準的な2リットル入りの水を何本も買うと重くて家まで帰るのが大変だったりしますが、電話一本で家まで届けてくれる宅配水ならそんな苦労はいりません。

衛生管理もしっかりと行われ、夏場の水道水のようなカルキ臭さも無いうえに、運ぶ手間もいらないのですから宅配水が人気になるのは当然かもしれません。
人々の安全・健康志向はより強くなっていますから宅配水の需要はこれからもっと増えていくのではないでしょうか。

宅配水とウォーターサーバーについて

宅配水は現代ではペットボトルの水を宅配するサービスの他に、ウォーターサーバーに関してのサービスを指す場合もあります。
ウォーターサーバーは水入りボトルを取り替えて利用するため、宅配してもらう必要があるのです。
おいしい水、アルカリイオン水、外国の名水など選べる種類は業者によって異なります。
宅配料金にも違いがあるので、注意して選びましょう。

水の料金が無料といったサービスも少なくありません。
その代わりウォーターサーバー本体の使用料、レンタル料が発生するという仕組みになっています。
選べるの水の種類は業者次第なので、利用前に調べておきましょう。
ウォーターサーバーによって温度調整の方法、温水を瞬時に出せるかどうかなども異なることは多いです。
他にもメンテナンス代であったり、ウォーターサーバー本体の大きさなど比較すべきポイントは数多く存在します。
小型タイプの本体ならテーブルなどの上に置いて利用することも出来ます。

宅配水のメリットと業者選び

宅配水は別名ウォーターサーバーのことで、冷たい水とお湯を瞬時に出すことができる便利なものです。
水質検査によって衛生面はきちんと考慮されており、赤ちゃんのミルクも安心して作ることができます。
ウォーターサーバーによって作られた水はミネラル成分がバランスよく含まれています。

一度飲んでみたいという人は電話一本で全国どこへでも水を宅配することができます。
更に、家電製品なので家庭に一台置いておけばいつでも安全な水を飲めます。
宅配水を取り扱っているメーカーは複数あります。

自分のライフスタイルに合わせた業者を選びましょう。
ウォーターサーバーは開発会社によって性能が違うので、雑菌を防ぐ機能を持った製品をおすすめします。
本体サーバーの手入れを怠ってしまうと、中で菌が発生してしまいます。

普段の手入れはもちろん、中から繁殖を防止する機能付きで常に清潔を保ちましょう。
そして、基本的にレンタルなので、サポート面などが信頼できる業者を選びましょう。

ちゃんとしている担当者と会社を見つけましょう

宅配水に関してはいろいろな事を聞きます。
最近は田舎の方でも水を宅配にしている家庭が増えてきています。
以前出入りしていた会社であったのですが、最初の方では嘘みたいに水を持ってきていたのに、数ヶ月たってみると、空瓶はそのまま、水も補給が無かったりした会社がありました。

よく聞いてみると、担当者によってかなり同じ会社でも違うとの事。
担当者によっては、とてもしっかりしていて水の交換やメインテナンスをしっかりやってくれている人もいるそうです。

名前が売れて儲けている会社でも気を付けなければいけないと話された人もいました。
儲かっていない時は、よく顔を出して、しっかりやってくれていたけど、忙しくなるとなかなか来ない。
電話をしても時間も日付もかかるようになったと言われていました。

やはり営業時はお客様を獲得する事が先になって良い事を言うけど、ある程度忙しく仕事が入ってくると、難しくなるのでしょうかと思えるような話が多いです。
良い担当者を探すのが宅配水は大事みたいです。
さすがに水の質はどこのメーカーも良くなってきているようで、まず日本のメーカーで悪いという事は聞いたことは無いです。温泉水にしても同様です。

宅配水を利用する際の比較

宅配水は、最近だとウォーターサーバーに使用する水の宅配サービスのことを指すことが多いです。
選べる水はウォーターサーバーによって違うので、水を比較して決めたい時は注意しましょう。
天然水、海外の水、硬度の違いなど比較項目はいろいろあります。

ミネラルを多く含んでいる水もあるので、スポーツや肉体労働者などにとってはそちらの方が良いかもしれません。
味に関しては硬度が影響しやすいですが、硬い水でも毎日飲んでいると慣れてくることもあります。

また基本的には硬い水の方が栄養素が豊富となっています。
ちなみに価格にも違いがあり、月額で支払う場合は少しの差が年間で考えると大きな差となります。
水の価格比較を主としている情報サイトもあるので、気になる人はチェックを入れておきましょう。
当然宅配サービスの一種なので対応エリアについても事前に調べておきましょう。
大きめの業者であれば、全国のほとんどをカバーをしていることもあります。

天然水の宅配業者を利用する費用の目安

天然水の宅配サービスでは、自宅に大きなボトルに入った天然水を届けてもらうことができます。
そのボトルを専用のウォーターサーバーに取り付けて電源をつないでおくといつでも熱いお湯や冷たい水が使えるのです。レバー一つで使いたい水が出せるので、とても便利です。

届けてもらえる天然水も、業者によっていろいろな種類があります。
アルカリイオン水やバナジウム入りの天然水などは特にメジャーで、これらの天然水を扱う業者がほとんどとも言えます。
他にも珍しい天然水を提供している業者もあり、水の種類によっても料金は変わるようです。

ウォーターサーバーを取り入れるにあたって気になるのが費用ですが、基本的に必要なのはサーバーレンタル料、サーバーにかかる電気代、毎月の天然水代金、サーバーのメンテナンス費用といったところです。

この中でサーバーレンタル料とメンテナンス費用は無料になっている業者もあるので、確実に必要なのは水の代金と電気代ということになります。
電気代は一般的に1か月で1000円程度と言われているので、これを目安にしていいと思います。
天然水の代金は配達してもらう数量によって異なるので、家族構成や使用する水の量で変わって来ます。
自分の家と同程度の家族構成でウォーターサーバーを利用している人の感想を聞いてみると良さそうです。

上手に使いたいミネラルウォーター

水なんて水道水で十分などと言う人もいますが、私はミネラルウォーターをわりとよく飲みます。
飲んでみると明らかに水道水と味が違います。
水道水が不味いというわけではありませんが、ミネラルウォーターの方が柔らかくまろやかな味だと思うのです。

水分を摂らなければならない夏は特にミネラルウォーターを飲みます。
お茶などを飲むこともありますが、こまめに水分を摂ろうとすると水の方が飽きずに飲めたりするからです。
その水がミネラルウォーターならある程度汗で失われる成分もとることができるので助かります。

突発的に薬などを飲まなければならなくなった時も携帯している飲料が水ならすぐに飲むことができるので、飲み物を買うときは積極的にミネラルウォーターを選んでいます。

お米を研ぐときにミネラルウォーターを使うという人もいますね。
その都度流してしまう研ぎ汁にわざわざミネラルウォーターを使うのはもったいないと、私もはじめは思いました。
しかしお米がもっとも水を吸うのは最初に水を注いだ時だそうで、そこだけミネラルウォーターを使えばおいしくなるのだと聞きました。

人の生活に欠かせない水ですので、おいしく飲めるミネラルウォーターを上手に取り入れていきたいですね。

より美味しいご飯のために

飲料水がミネラルウォーターなのは今や当たり前ですね。安全性以上に、「お水そのものがこんなに美味しいなんて!」という理由で続けています。

最近ではお料理の味をアップさせるためにミネラルウォーターをつかいたいな、と思っています。
手始めにお米を研ぐ~焚くためのお水をミネラルウォーターに変えてみました。
流石に研ぐお水をすべてミネラルウォーターにするのは大変なので、お米は最初にふれたお水を吸うようなので、最初に研ぐお水だけをミネラルウォーターにしています。

やはりお水の味がご飯に与えるものは大きいなぁ、ということを感じています。
とにかく炊きあがったご飯の輝きが全く違います。ミネラルウォーターご飯、しみじみ美味しいですよ。

ご飯に使うミネラルウォーターですが、私のお気に入りはやはり日本の天然水系のものです。
日本のお水のほうがミネラルやPhのバランスがお米とマッチするのかも知れませんね。

ご飯の次はやはりお味噌汁でしょうか。
これからはお味噌汁にもミネラルウォーターを使ってみようかと考えています。

お料理のお水にこだわるって、一見贅沢なようでいて素材そのものの味を引き立てくれて
料理の味がとても良くなるので結局はお得感がいっぱいなことだと思いますよ。